土地の特徴を調べる地盤調査は建築のかなめ

男女

住宅用地の地盤

メンズ

住宅用地のポイント

住宅を建築するために土地を探す場合には、土地の地盤強度が重要になります。地盤が弱い土地だと予想以上に地盤補強の費用がかかることになるため、いくら安い価格で土地を手に入れたとしても結果として高くつく場合もあります。そうならないためにも、土地を購入する場合には地盤強度も併せて検討することが大切なのです。近年では、住宅建築にあたっては必ず地盤調査を行うことになりますが、私有地を購入する場合には地盤調査を行わせてくれない場合があるので注意しなければなりません。地盤調査を行うことで土地所有者は不利になる恐れがあるため、調査させない方がむしろ一般的です。しかし、地盤調査結果次第でその後の費用が変わるため、できるだけ調査させてもらうようにしなければなりません。

地盤の調査方法

地盤調査を行う場合には、費用的なものもあるため、たくさんの地点を調査することはありません。基本的には建築予定の建物の基礎の外形にそった地点で調査することになりますので、長方形の住宅であれば通常5つの地点で調査することになります。一般的な調査方法は重りを載せた杭がどの程度沈んでいくかという指標で調査するスウェーデン式サウンディング試験ですが、大規模な工事の場合には、ボーリング調査を行うことで地盤調査することも少なくありません。地盤調査の結果次第では、地盤補強工事を行うことになりますので、調査結果を良く検討することが重要です。一度住宅を建ててしまうと、後から地盤補強をすることは困難ですから、十分に検討する必要があります。

家を建てる前に必要な調査

土嚢

家の建設に適したかどうか調べる地質調査は、ボーリングなどによって地盤を採取することによって行われています。土地基準を参照することで、地盤の安全度を知ることも可能です。地質調査によって軟弱な土地かどうか知ることができるだけでなく、状況に応じて設計段階から補強を行うこともできるようになります。

詳細

地盤調査の種類

ショベルカー

最近では報道によって、買って数年しかたっていない建築物にひびが入ったり、傾いたりと耳にすることが多く、建物を建てる場合は平板載荷試験などの地盤調査をしっかり行うことをお勧めします。この試験は土地に荷重を加えて沈下量に対してどれくらいの重さまで支えられるのかを測る試験です。

詳細

地下水を便利に活用

井戸

井戸掘り工事を行って、生活に必需品の水を無料で活用しましょう。井戸掘り工事のためには初期コストこそ掛かりますが、しかし一旦井戸工事を済ませておけば長期間活用する事ができて便利です。電動式ポンプを設置すれば消雪パイプとしても活用可能です。

詳細