土地の特徴を調べる地盤調査は建築のかなめ

男性

家を建てる前に必要な調査

土嚢

地質調査とは、家を建設する前にその土地の地盤の状態を調査するサービスのことを言います。元々の地質によって地盤の強弱が変わってくるのはもちろんのこと、過去に切土や盛土が施されていた場合にはそれによってもたらされる影響が大きくなるのです。家を建てるのに適した土地かどうか調べるためにも、地質調査の実施は重要と言えます。地質調査では、地面に筒状の棒を打つボーリング法などが用いられています。この方法によって深い部分まで土が採取されるため、密度や重さを調査することができるようになります。定められた地質基準に応じて、地盤の安全度をランク付けすることも可能です。建設業者によっては、事前に専門家に依頼して地質調査を実施している所もあります。

近年地震が頻発するようになり、建物の安全性が問われるようになりました。しかし、いくら頑丈な建物を建てた所で地盤が軟弱であれば何の意味もありません。弱い地盤ということが判明したら、あらかじめ補強をして家を支える力を強くすることが大事です。その事前準備として欠かせないのが地質調査です。地質調査によって弱い地盤ということがわかれば基礎の部分を強固に設計することができます。見た目だけでは判断することが難しいからこそ、地質調査が必要なのです。地質調査の結果を受けて補強をすることで、軟弱な土地にも頑丈な家が建てられるようになります。また軟弱過ぎたり水分量が多かったりして家の建設に向かない土地もあるため、そういった土地を見抜く場合にも地質調査は役に立ちます。